TOP  > Six Feet Under  > The Separation of Flesh from Bone

Six Feet Under の曲「The Separation of Flesh from Bone」音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中

The Separation of Flesh from Bone

Six Feet Under

この楽曲を含むアルバム

  • Six Feet Under のアルバム『Torment』音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中 Torment
    • アルバム
※表示価格は税込みです
※この商品はCDではありません。デジタルコンテンツです

アーティスト情報

Six Feet Under

SIX FEET UNDER、直訳すると「6フィート(約1.8メートル)下に」となってしまうが、これは「死んだ」という意味の慣用表現で、アメリカで土葬を行う際に棺桶をその深さに埋めるという慣例から生まれた言い回しだ。要するにSIX FEET UNDERというバンド名はCANNIBAL CORPSE=食人屍体やOBITUARY=死亡記事などと同様、実にデス・メタルらしく禍々しい名前なのである。最近では北米で放映された同名ヒューマン・ドラマ(日本でも現在順次放送中)の方がすっかり有名になってお株を奪われた感があるが、本家はこちら。そう、SIX FEET UNDERといったらフロリダ生まれのデス・メタル・バンド一点張りなのだ。 CANNIBAL CORPSEのクリス・バーンズ(Vo)、OBITUARYのアレン・ウェスト(G)、元DEATH/元MASSACREのテリー・バトラー(B)といったデス・メタル・シーンの大物が結集したプロジェクトとしてSIX FEET UNDERが誕生してから今年で約16年が経つ。95年にクリスがCANNIBAL CORPSEを脱退したのを機にパーマネント・バンドとしての活動を開始し、その後アレンが脱退して98年に元MASSACREのスティーヴ・スワンソン(G)が加入。それ以降、グレッグ・ガル(Ds)を含む4人編成のラインナップは一度の変更もなく、現在に至るまで保たれている。ほぼ不動のラインナップと同じく、音楽性も作品ごとの細かな差異はあるにしろ基本的な特性は変わっていない。毎年何らかの形で作品を発表するというクリスの方針に基づき、これまでにリリースされたオリジナル・スタジオ・アルバムの数は本作「DEATH RITUALS」で8枚目。その他にカヴァー・アルバムが2枚、ミニ・アルバムが1枚、ライヴ・アルバムが1枚、ライヴ映像作品が3本、ベスト&レアの4枚組BOXセットが1つの計16作品が世に送り出されている。16年で16作品を発表とは、近年稀に見る働き者ぶりと言えるだろう。

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

Six Feet Under

今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

ここから先は「タワーレコードオンライン」に移動します
Six Feet Under「Torment」 のCDを探す外部サイトへ

The Separation of Flesh from Bone ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号