TOP  > 樋口了一と花咲かフレンズ  > 小さき花の歌

樋口了一と花咲かフレンズ の曲「小さき花の歌」音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中
「小さき花の歌」樋口了一と花咲かフレンズの楽曲解説
紹介熊本の益城町を拠点に、全国各地でラーメンの炊き出しをボランティアで行う「NPO法人九州ラーメン党」の代表濱田龍郎氏が作詞をし、同じく熊本在住のシンガーソングライター樋口了一が作曲を手掛け、その樋口了一とゆかりのあるメンバーが集結しレコーディングされた「小さき花のうた」。この曲の配信による収益は、今回の熊本地震で倒壊した「そよかぜ福祉作業所」の建物再建費用に充てられます。
※表示価格は税込みです
※この商品はCDではありません。デジタルコンテンツです

アーティスト情報

樋口了一と花咲かフレンズ

●樋口了一
1964年生まれ。A型。1993年「いまでも」でデビュー。人気バラエティ番組「水曜どうでしょう」のテーマソング「1/6の夢旅人2002」や、「有線大賞」「日本レコード大賞」を受賞した「手紙~親愛なる子供たちへ~」を手掛ける。2012年自身がパーキンソン病であることを公表。難病と闘いながらも、全国に歌を届ける「ポストマンライブ」を行うシンガーソングライター。

「小さき花の歌」が生まれ、録音されるまで
熊本在住で、今回の熊本地震で実際に被災した樋口了一が作曲し、親交のある益城町を拠点にボランティア団体「九州ラーメン党」を運営し、詩人でもある濱田龍郎が作詞をし、地元熊本の復興を願って制作された曲が、この「小さき花の歌」です。
自身も被災したにも関わらず「人は人のために生きてこそ人」をモットーに、ラーメンの炊き出しをしている濱田さんの人柄が感じられる、まさに「花咲かじいさんが花を咲かせている」ような楽しい曲となり、レコーディングでは、樋口了一と親交のある面々が駆け付け、まさに人と人がつながり、たくさんの花が咲いた賑やかで復興を願う活力あふれる1曲に仕上がりました。
★この配信曲の収益は、今回の熊本地震で倒壊した、九州ラーメン党が運営している「そよかぜ福祉作業所」の建物再建費用に充てられます。


(花咲かフレンズ・メンバー)
池田聡、ウィリアム浩子、嬉野雅道、大泉洋、大澤敦史(打首獄門同好会)、小田夢乃、坂本サトル、ジョニー佐藤(井乃頭畜音団)、鈴井貴之、たつのすけ、Dr.マーサ、中西圭三、藤田恵美、藤村忠寿、古澤剛、松尾よういちろう(井乃頭畜音団)、村上ゆき、YOKAN(50音順)

(ミュージシャン)
Eギター/マンドリン/コーラス:ジョニー佐藤(井乃頭畜音団)
Aギター:樋口了一
ベース/コーラス:たつのすけ
トランペット/トロンボーン/ソプラノサックス/ホーンアレンジ:YOKAN

樋口了一と花咲かフレンズの楽曲一覧

「小さき花の歌」樋口了一と花咲かフレンズの楽曲一覧をもっと見る もっとみる

樋口了一と花咲かフレンズのアルバム一覧

「小さき花の歌」樋口了一と花咲かフレンズのアルバム一覧をもっと見る もっとみる

一緒に購入されている楽曲

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

樋口了一と花咲かフレンズ

今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

ここから先は「タワーレコードオンライン」に移動します
樋口了一と花咲かフレンズ「小さき花の歌」 のCDを探す外部サイトへ

小さき花の歌 ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号