TOP  > BIGBANG  > BANG BANG BANG

BIGBANG の曲「BANG BANG BANG」音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中

BANG BANG BANG

BIGBANG

「BANG BANG BANG」BIGBANGの楽曲解説
日本語詞にVERBAL(m-flo)が参加した日本語版。タイトルは文字通り銃で居抜く音で、一撃でゾッコンにさせるという自信満々な男を描く。アッパーな展開がサビで一気に粘着度の高いエスニックな曲調へと転換する変態性は、彼らでなければなし得ないワザだ。(CDジャーナル)

この楽曲を含むアルバム

  • BIGBANG のアルバム『MADE SERIES』音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中 アルバム MADE SERIES
    • AAC 128/320kbps(11曲 / 40:34)
    ¥1199

ビデオクリップ

  • 「BANG BANG BANG 」を試聴する 「BANG BANG BANG」BIGBANG

    ビデオクリップ BANG BANG BANG
    • 03:52
    ¥ 400
※表示価格は税込みです
※この商品はCDではありません。デジタルコンテンツです

アーティスト情報

BIGBANG

楽曲制作はもちろん、ダンスメイキングからライブプロデュースまで自らの手で成すBIGBANG。
宇宙誕生を引き起こした大爆発を意味するその名の通り、日本の音楽シーンでも革新的なサウンドとパフォーマンスによって爆発的なムーブメントを巻き起こしている。
2006年に韓国でデビューを果たすや、ヒット曲を立て続けに飛ばしてきた彼らG-DRAGON作詞・作曲の楽曲「嘘(Lies)」/「最後の挨拶」、そして2008年発表の「Haru Haru」の国民的大ヒットにより、デビュー1年あまりで韓国最強の実力派グループとしての地位を確立。
2007年からアジアへ活動を広げ、2008年の日本進出以降、日本でも人気を獲得し2009年6月、メロウで胸を締めつける切なさの滲む1stシングル『MY HEAVEN』で日本でのメジャーデビューを飾る。
続く2ndシングル『ガラガラ GO!!』、3rdシングル『声をきかせて』を発表、同年年末には“ベストヒット歌謡祭2009 ゴールドアーティスト賞”、“第42回 日本有線大賞 最優秀新人賞”、そして“第51回 日本レコード大賞 最優秀新人賞”を受賞する。
リリースやライヴを重ねる度にファンを増やし続け、その結果MTV主催“VMAJ”では最優秀新人アーティストビデオ賞のほか、3冠を達成し、日本が世界に誇る野外フェス、 SUMMERSONIC2010への出演でも話題をさらう。
日本メジャーデビュー後にリリースされた全てのオリジナルシングル/アルバムがオリコン・ウィークリーチャートTOP10入りしているBIGBANG。
遂に2011年5月、メジャー2ndアルバム『BIGBANG 2』がオリコン・ウィークリーランキングで1位を獲得!
日本でもその人気を不動のものにした。

昨年11月にはヨーロッパ最大級の音楽授賞式『MTV EUROPE MUSIC AWARDS 2011』で「ワールドワイド・アクト賞」を授賞するなど名実共にアジアを代表するモンスターグループとなった彼ら。
2012年3月28日、ついに全世界待望のニュー・アルバム『ALIVE』リリース、そして現在世界16ヶ国25都市を巡るワールドツアー「BIGBANG ALIVE TOUR 2012」を開催中。

一緒に購入されている楽曲

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

BIGBANG

今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

ここから先は「タワーレコードオンライン」に移動します
BIGBANG「MADE SERIES」 のCDを探す外部サイトへ

BANG BANG BANG ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号