TOP >  アーティスト ニュース一覧 > 丸本莉子、ビクターのデジタル部門新レーベル「AndRec」から国内初のハイレゾ配信でデビュー

 

丸本莉子、ビクターのデジタル部門新レーベル「AndRec」から国内初のハイレゾ配信でデビュー

2015/06/05 11:00

丸本莉子、ビクターのデジタル部門新レーベル「AndRec」から国内初のハイレゾ配信でデビュー

ビクターエンタテインメントのデジタル部門が独自に新レーベル「AndRec」を設立し、その第一弾アーティストとして丸本莉子が国内初のハイレゾ配信でデビューすることが発表された。

ビクターエンタテインメントの配信向けデジタル・コンテンツの管理、編成、プロモーションを主幹業務とする「デジタルビジネス部」は、音楽配信市場の特性に特化した制作・宣伝・営業を自ら一貫して展開し、デジタルによるヒットコンテンツづくりと、CDアルバムまでのトータルセールスの拡充を目指す新レーベル「AndRec (アンドレック)」を立ち上げた。

デジタルビジネス部は、通常、自社音源や映像のスマートフォンやPC向け配信業務の中枢を担い、SNSを中心とするデジタルプロモーション等によるアーティストや作品のヒット化をサポートしている部署。制作部門以外でのレーベル設立は珍しく、国内のメジャーメーカーでもデジタル部門によるアーティスト契約・育成から音源制作まで行う音楽レーベルの立ち上げは初となる。

近年、スマートフォンがライフスタイルの中心になる時代に合わせ、音楽配信市場でもサブスクリプション・サービスの成長は著しく、一方でCDの音質を超えるハイレゾリューション(ハイレゾ)音源への関心も高まり、配信ビジネスは大きな変革期を迎えている。さらに、様々な動画配信サイトの影響力も大きくなるなど、配信市場を取り巻く環境は急速な変化をみせており、デジタルビジネス部ではそうした市場の特性に対応した、独自のコンテンツ制作やプロモーションを展開する新レーベルを設立することにより、変化に即したアーティストの開発・育成やヒットコンテンツの拡充を目指すという。

新レーベル「AndRec」では、通常の制作レーベルと同様にアーティストと契約を結び、通常配信、ハイレゾ配信、サブスクリプションや動画サイトのマネタイズ等の音楽配信サービスを全方位で対応する一方、CDアルバムはもちろん、ハイレゾ配信USBパッケージの発売も行い、ソーシャルネットワークプロモーションも効果的に活用しながら展開していく。

第1弾アーティストとなるシンガーソングライターの丸本莉子は、特徴的な声質と音楽性を強くアピールするために、6月10日にシングル「ココロ予報」で、国内初となるハイレゾ配信によるデビューする。

■丸本莉子リリース情報
6月10日(水) ハイレゾ先行配信シングル「ココロ予報」でデビュー
7月08日(水) 1st配信シングル「ココロ予報」リリース
8月19日(水) 2nd配信シングル「やさしいうた」リリース
9月16日(水) 1st CDミニアルバム「ココロ予報〜雨のち晴れ〜」リリース

【AndRec (アンドレック)レーベルについて】
「音楽業界は、レコード制作からCD、音楽配信へと移り変わってきた長い歴史があります。スマートフォン時代に突入し、ライフスタイルそのものが大きく変わりつつある現在、音楽をコレクションしたいファンにはCD・ハイレゾ配信や配信シングル、気軽に場所を選ばず音楽を楽しみたいファンにはサブスクリプションサービスなど、そのライフスタイルに合わせて音楽を届ける事が大切であると考えるようになりました。私は、レコード会社に入社し、CDセールスからスピードスターレコーズ宣伝部を経て、デジタルビジネス部を担当してきた経験から、今一番身近であり、成長著しいデジタルマーケットの動きに注視し、そこから出発して制作・宣伝・営業まで一気通貫で行ってみようとAndRecレーベルを立ち上げました。第一弾アーティストの丸本莉子は、彼女のリアルボイスに注目してもらえるようにハイレゾ配信でデビューさせます。是非ご注目ください。」
AndRecレーベル長 デジタルビジネス部 部長
今井一成


ニュース提供:OKMusic

 

丸本莉子その他のニュース

アーティスト ニュース

  • 2017/09/23 11:00
  • SWEEP、約4年半ぶりの新曲「if...」MV公開


  • SWEEPが9月27日(水)に配信リリースする「if...」のミュージックビデオを公開した。このミュージックビデオには、テレビ朝日で放送中の『秘湯ロマン』(隔週日曜深夜2:40…

  • 続きをみる

もっとみる

アーティスト情報

プロフィール

広島出身のシンガーソングライター。音楽好きの両親の影響で物心つく頃から大の歌好き。高校2年頃からギターの弾き語りを始め、オリジナル曲も作るようになる。

高校卒業後は約2年にわたる介護の仕事と音楽活動の二足のわらじ期間を経て、プロを目指して上京。インディーズ時代には全国300カ所以上を歌い歩き、地元・広島県安芸太田町から町のサポートソングを依頼されるなど、テレビ番組、CM、キャンペーンソングを数多く手掛けて注目を浴びる。
2015年6月、史上初のハイレゾ先行配信によるデビューシングル「ココロ予報」でメジャーデビュー。ハイレゾ配信3サイトのデイリーチャートで1位を獲得し、3冠達成。

その後、2ndシングル「やさしいうた」、1stミニアルバム「ココロ予報~雨のち晴れ~」、3rdシングル「つなぐもの」をリリース。

アルバム先行配信シングル「フシギな夢」が、ブルボン『ラシュクーレ』CMソングに抜擢され話題となっている中、2016年3月16日に2ndミニアルバム「フシギな夢の中」をリリース。

いつも見知っている景色を、親しみやすいメロディーと言い得て妙な歌詞に置き換え、一度耳にしただけで印象に残る個性的な声で歌う丸本莉子。特にデビュー以来、“癒しの歌声”としてマスコミ等でも大きく取り上げられ話題となっているその声は、日本音響研究所の音声分析によっても、“弦楽器のビオラに似た周波数を持つ、聴く人に音の厚みや暖かみを感じさせる音声”と分析されている。

アルバム一覧

    読み込み中です

もっとみる

読み込み中です

丸本莉子 ニュース ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号