TOP >  アーティスト ニュース一覧 > THE BACK HORN、 新宿LOFTでシューティングした 「何処へ行く」MV公開

 

THE BACK HORN、 新宿LOFTでシューティングした 「何処へ行く」MV公開

2018/10/12 21:00

THE BACK HORN、
新宿LOFTでシューティングした
「何処へ行く」MV公開



結成20周年を迎えたTHE BACK HORNが、インディーズ時代に発表した楽曲を再録したニューアルバム『ALL INDIES THE BACK HORN』を10月17日(水)にリリースする。そのリリースに先駆けアルバム収録曲「何処へ行く」のミュージックビデオが公開された。

撮影は10月1日よりスタートした『THE BACK HORN 20th Anniversary「ALL TIME BESTワンマンツアー」~KYO-MEI祭り~』初日の会場でもあり、何度もライブを行なった想い出深いライブハウス“新宿LOFT”でおこなわれた。今作の「何処へ行く」MV制作にあたり、TOKYO FMのロック番組『FESTIVAL OUT』とWIZYがコラボした『WE THE MUSIC powered by WIZY』の第1弾プロジェクトが始動し、撮影には約300名以上のサポーターが参加した。THE BACK HORNの始まりでもあるミニアルバムのタイトル曲「何処へ行く」を演奏するメンバーをリスナーが見守る姿やそれぞれのポートレートなどTHE BACK HORN 20年間の「これまで」と「これから」を感じさせる作品となっている。
https://youtu.be/46iOWLVky7o

アルバム『ALL INDIES THE BACK HORN』

2018年10月17日発売



VICL-65060~65061/¥3,300+税
※初回プレス分のみ三方背ブックケース仕様
※初回プレス分のみ封入:ライブ会場限定特典引換券
<収録曲>
■Disc-1
01. ピンクソーダ
02. カラス
03. 冬のミルク
04. 魚雷
05. 雨乞い
06. 怪しき雲ゆき
07. 晩秋
08. 何処へ行く
09. 風船
10. ザクロ
11. 桜雪
■Disc-2
01. サーカス
02. 走る丘
03. 新世界
04. リムジン ドライブ
05. 無限の荒野
06. 甦る陽
07. 茜空
08. ひとり言
09. さらば、あの日
10. 泣いている人

※以下5曲は、再レコーディングを行なった既発済楽曲となっております。
「冬のミルク」(2008年1月発売『BEST THE BACK HORN』収録)
「ザクロ」(2013年9月発売『B-SIDE THE BACK HORN』収録)
「桜雪」(2013年9月発売『B-SIDE THE BACK HORN』収録)
「無限の荒野」(2017年10月発売『BEST THE BACK HORNII』収録)
「泣いている人」(2017年10月発売『BEST THE BACK HORNII』収録)
それ以外の16曲は、今作のために改めてレコーディングを行なった新録音源です。

◎オリジナル特典詳細
下記対象店にてご予約・ご購入の方に、先着で“THE BACK HORN INDIES CDジャケット・ステッカー"をプレゼントいたします。
■A type
タワーレコード 全国各店/タワーレコードオンライン
■B type
TSUTAYA RECORDS全国各店/TSUTAYAオンラインショッピング
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。
■C type
HMV全国各店/HMV&BOOKS online
■D type
Amazon.co.jp
※Amazon.co.jpでは、特典つき商品のカードがアップされます。
特典をご要望のお客様は特典つき商品をお買い求め下さい。

※特典typeにより、絵柄は異なります。
※特典は無くなり次第終了となります。
※上記チェーン店以外は、特典対象外となりますので、予め御了承下さい。

◎ライブ会場限定特典引換券について
初回プレス分のみ封入される“ライブ会場限定特典引換券"を「ALL TIME BESTワンマンツアー」〜KYO-MEI祭り〜の各会場にご持参頂けますと、もれなくTHE BACK HORN 20周年記念メンバー直筆“一筆入魂てぬぐい"を差し上げます。


ニュース提供:OKMusic

 

THE BACK HORNその他のニュース

アーティスト ニュース

もっとみる

アーティスト情報

プロフィール

1998年結成。“KYO-MEI”という言葉をテーマに、聞く人の心をふるわせる音楽を届けていくというバンドの意思を掲げている。2001年シングル『サニー』をメジャーリリース。FUJI ROCK FESTIVALやROCK IN JAPAN FESTIVAL等でのメインステージ出演をはじめ、近年のロックフェスティバルでは欠かせないライブバンドとしての地位を確立。そしてスペインや台湾ロックフェスティバルへの参加を皮切りに10数カ国で作品をリリースし海外にも進出。黒沢清監督映画『アカルイミライ』(2003年)主題歌「未来」をはじめ、紀里谷和明監督映画『CASSHERN』(2004年)挿入歌「レクイエム」、乙一原作『ZOO』(2005年)主題歌「奇跡」、アニメ『機動戦士ガンダム00』(2007年)主題歌「罠」、水島精二監督映画『機動戦士ガンダム00 -A wakening of the trailblazer-』(2010年)主題歌「閉ざされた世界」など、そのオリジナリティ溢れる楽曲の世界観から映像作品やクリエイターとのコラボレーションも多数。2012年に、激動の一年を経て制作されたアルバム『リヴスコール』を発表。その収録曲「世界中に花束を」は、収益金が震災復興の義援金として寄付されている。結成15周年を迎えた翌年、ライブCD&DVD、シングル『バトルイマ』、初のB面集を立て続けに発表。そして2014年、初の両A面シングル『シンメトリー/コワレモノ』を経て、10枚目となるニューアルバム『暁のファンファーレ』をリリース。2014年秋、熊切和嘉監督とタッグを組み制作した映画『光の音色 -THE BACK HORN Film-』が全国ロードショー!

アルバム一覧

    読み込み中です

もっとみる

読み込み中です

THE BACK HORN ニュース ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号