TOP >  サニー久保田とオールドラッキーボーイズ >  新曲・ディスコグラフィー一覧

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

アーティスト情報

サニー久保田とオールドラッキーボーイズ
サニー久保田とオールドラッキーボーイズ

プロフィール

ヴォーカリスト久保田慎吾(くぼたしんご)を中心に結成された大人のためのロックバンド。  久保田慎吾は、70年代後半、東京ニューウェイヴの中心的な存在、8 1/2のフロントマンとしてカリスマ的な人気を集める(当時のメンバーは、泉水敏郎、上野耕路、鈴木智文など)。 80年には同バンドを解散し、新たなバンド「プライス」を結成し、高橋幸宏のプロデュースにより、アルバムを製作するが、メジャーデビュー直前で頓挫する。それにより、バンドは解散するが、82年には、「サニー久保田&クリスタル・ヴァカンス」を新に結成。その活躍が当時大学生だった手塚治虫の長男、手塚眞の目に止まり、手塚眞初監督作(原作、近田春夫)のロック・ミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』に、高木完とともに主演した。この映画は、今でも多くのファンを持ち、シンゴの人気を決定づけた一つである。  86年には、ブラボー小松、泉水敏郎らと、マッスルビートを結成し、徳間ジャパンより2枚のアルバムをリリースし、日本一の大音量バンドとして知られ、セカンドアルバムは、NYで録音するなど、多くの支持者を得た彼らではあったが、その活動も長くはもたなかった。  93年には、メキシカンフレーバー溢れる「Shingo Kubota & Amigo 7」を結成し、アルバムを発表する。  99年からは、上野耕路と「捏造と贋作」を結成、このユニットは、上野耕路オーケストラへ続き、シンゴはそこのヴォーカリストとして知られるようになる。  2014年、Amigo7のギタリスト、宮崎裕二を中心に、マッスルビートのサーシャ、8 1/2の谷嶋ちから、戸川純とYapoosなどの活動で知られる小滝みつる、80年代、数々のバンドのドラムを担当した濱田康史など、同じ時代を生きてきた友人達に、若手のホーン奏者、トロンボーンの月子ロケット、サックスのアヤネ・セクシィらを加えた総勢10名の大所帯でバンド「サニー久保田とオールドラッキーボーイズ」を結成し、地道なライヴをやり始めた。  50代になった自分たちが信じる音楽を、あえて同世代をターゲットにして、そこに届ける事をモットーとしている。

Myアーティストに追加

サニー久保田とオールドラッキーボーイズ関連アーティスト

もっとみる

サニー久保田とオールドラッキーボーイズの新曲・ディスコグラフィー一覧 ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号