TOP >  タマーシュ・ヴァルガ >  アルバム一覧

タマーシュ・ヴァルガ

タマーシュ・ヴァルガ

プロフィール

タマーシュ・ヴァルガ(チェロ) 1969年ブダペスト生まれ。7歳でチェロを始める。リスト音楽院でラースロー・メゼー、フェレンツ・ラドシュ、ジェルジー・クルタークらに師事し、1992年に優秀な成績で学位を取得。ミクローシュ・ペレーニ、メナヘム・プレスラー、奨学生としてテルアヴィヴのルービン音楽院で学ぶきっかけとなったウズィ・ヴィーゼルなどの演奏家からも多大な影響を受けた。 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団およびウィーン国立歌劇場管弦楽団の首席チェロ奏者。ソリストとしてウィーン・フィルとも定期的に協演し、ジュゼッペ・シノーポリ、ズービン・メータ、小澤征爾、マイケル・ティルソン=トーマス、クリストフ・エッシェンバッハ、アダム・フィッシャーの指揮で演奏。2003年にはロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでBBCプロムスにデビュー、2009年の日本ツアーにおいて、R.シュトラウスの『ドン・キホーテ』でソロを演奏し好評を博したことは記憶に新しい。 室内楽奏者として、アンサンブル・ヴィエナ・コラージュおよびウィーン室内合奏団のメンバーとして定期的にウィーン・コンツェルトハウス、ザルツブルク音楽祭ほかヨーロッパのコンサート・ホールに登場。ヒルデガルト・ベーレンス、フェレンツ・ボーグナー、フィリップ・アントルモン、ゾルタン・コチシュ、カール・ライスター、マリヤーナ・リポヴシェク、ヴォルフガング・シュルツ、タマーシュ・ヴァーシャーリ、バルトーク弦楽四重奏団らと共演している。 オリジナル楽器による演奏にも意欲的で、ブダペストのオルフェオ管弦楽団とハイドン、ヴィヴァルディ、C.P.E.バッハのチェロ協奏曲を共演。2004年のバッハの無伴奏チェロ組曲全曲演奏・録音においては、第6番で5弦のバロック・チェロを使用した。 後進の指導にも熱心で、オーストリア、ハンガリー、イタリア、日本、オーストラリア、南アフリカでマスター・クラスを開催。グスタフ・マーラー・ユーゲント・オーケストラや、オーストリアのアッターガウ国際オーケストラ・インスティテュートでも数年に渡り講師を務めた。 20タイトルを超えるCDがカメラータ・トウキョウ、NAXOS他のレコード会社よりリリースされている。

アルバムリスト 1件 ※アルバム収録曲は1曲から購入することも可能です
(アルバム限定曲は除く)

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

タマーシュ・ヴァルガ

今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

タマーシュ・ヴァルガ関連アーティスト


                Sofia Symphony Orchestra

『Tamas Varga & Mark Kadin feat. the Sofia Philharmonic Orchestra』として共演

Myアーティストに追加


                Sofia Philharmonic Orchestra

『Tamas Varga & Mark Kadin feat. the Sofia Philharmonic Orchestra』として共演

Myアーティストに追加


                Kristin Chenoweth

同じジャンル

Myアーティストに追加


                Bruckner Orchestra Linz

同じジャンル

Myアーティストに追加

もっとみる

タマーシュ・ヴァルガ アルバム一覧 ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号