TOP >  LAMP IN TERREN >  新曲・ディスコグラフィー一覧

LAMP IN TERREN

LAMP IN TERREN

プロフィール

2006年、長崎県で中学校2年生の中原が結成した前身バンドに同級生の松本が誘われる形で参加。その後、進学や転校に伴うメンバーの脱退・活動の休止を経て、2011年、地元の友人だった川口が加入して3ピース編成となる。

2012年、本格的なバンド活動を決意し、バンド名を「LAMP IN TERREN」に。
ラテン語の「terra(星、大地)」を捩った造語であるこのバンド名は、「この世の微かな光」を意味している。

次第に、その真摯な松本の言葉と歌、そして全身で感情を曝け出すようなバンドのライヴパフォーマンスに共感する人々が増え、2013年7月、初の自主企画ワンマンライヴ「BLUESYARD」を敢行、この日のライヴ会場限定で発売したシングルの収録曲“ランデヴー”と“緑閃光”は、今でもファンから熱狂的な支持を受けるバンドの代表曲である。

そして2013年12月。
「MUSICA」、「A-Sketch」、「SPACE SHOWER TV」、「HIP LAND MUSIC」の4社によるオーディションプロジェクトMASH A&Rの「MASH FIGHT Vol.2」とRO69が主催するアマチュアアーティストのコンテスト「RO69JACK」で共にグランプリを獲得。
一気にその知名度を全国区のものとし、2014年6月、初の全国流通となるミニアルバム『PORTAL HEART』をリリース。同年、「COUNTDOWN JAPAN」「ROCK IN JAPAN」をはじめ、地元長崎で開催された「Sky Jamboree 2014」や「SWEET LOVE SHOWER 2014」など、様々なイベントに出演を果たす。

2015年、1月にアルバム『silver lining』でA-Sketchよりメジャーデビュー。
同年5月30日に公開の映画「夫婦フーフー日記」の主題歌に「ボイド」が大抜擢。同曲を含むニューアルバム「LIFE PROBE」を7月1日にリリース。

2015年9月よりサポートギタリストとして参加していた大屋真太郎が、10月24日・LAMP IN TERREN結成日に正式に加入し、現在の4人編成となる。

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

LAMP IN TERREN

今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

LAMP IN TERREN関連アーティスト


                きだしゅんすけ

共に『夫婦フーフー日記』に関わった

Myアーティストに追加


                杉本哲太

共に『夫婦フーフー日記』に関わった

Myアーティストに追加


                永作博美

共に『夫婦フーフー日記』に関わった

Myアーティストに追加


                UNDER GRAPH

同じ雰囲気

Myアーティストに追加


                tick

同じ雰囲気

Myアーティストに追加

もっとみる

LAMP IN TERRENの新曲・ディスコグラフィー一覧 ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号