TOP >  DUST BOLT >  新曲・ディスコグラフィー一覧

楽曲リスト 14件

  • 音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

    DUST BOLT

    今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

    アーティスト情報

    DUST BOLT
    DUST BOLT

    プロフィール

    2012年7月、SEPULTURAのフロントマン、デリック・グリーンをゲストに迎えたアルバム「Violent Demolition」でデビューを果たしたドイツが誇る若きスラッシュ・メタル・バンド。
    2006年にバンドを結成(当時年齢13歳!)し、その活動を開始する。
    2010年に発表したデモ「Chaos Possession」がメタル専門誌METAL HAMMERで取り上げられ、トップ・ニュー・カマーとして評価される。
    またライヴ・パフォーマンスも話題となり、初のヨーロッパ・ツアーはSIX FEET UNDERと行い、WACKEN METAL BATTLE Germanyでトップに立った彼らは世界最大のメタル・フェス、WACKEN OPEN AIRへの出場も果たした。
    デビュー前に話題となっていたバンドは1stアルバムをリリースすると同時にドイツのニュー・カマー・スラッシュ・メタル・バンドとしての地位を確実なものとする。
    そして、その名前は全世界へと拡散された。
    METAL HAMMER誌では2012年ベスト・アルバム、ベスト・ニューカマーにもノミネート。
    そして早くも2nd「Awake The Riot」を完成させた平均年齢21歳の彼らはベイエリア・スラッシュ・メタルに抱いた憧憬とその燃え滾る気持ちをこれでもかという位アルバムへと注ぎ込み、前作をさらに突き進めたハングリーで、爆発寸前のエネルギーで溢れたサウンドを築き上げてくれた。
    そしてモダンな要素も取り込んだサウンドとユニーク感溢れるキャラクターでさらに脚光を浴びる存在となるのはもはや時間の問題であろう。
    楽曲はスピーディーで、猛烈なアグレッシヴ性を誇示しつつも、TESTAMENT、KREATOR、SLAYERといった偉大なる先輩バンドへの熱き憧れが伺えるサウンドを聴かせてくれる。
    アルバム・カヴァーはSKELETONWITCH, MUNICIPAL WASTE等で知られるAndrei Bouzikovを起用。
    日本盤のボーナス・トラックにはMETALLICAの”Jump In The Fire”を収録!80年代の先輩達が見せたサウンドを踏襲しつつも、さらに推し進めた現代版へとアップデート。
    これぞまさに怒涛の如く押し寄せてくる正真正銘のモンスター・スラッシュ・メタルだ!

    Myアーティストに追加

    DUST BOLTの新曲・ディスコグラフィー一覧 ページTOPヘ

    音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

    レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号