TOP >  MACO

MACO

MACO

MACOのプロフィール

2014年にメジャーデビュー以降、ラブソングを中心に共感を呼ぶ歌詞や、歌声で10代~20代の男女に絶大な人気を誇るシンガーソングライター。

インディーズ時代にリリースされたミニアルバム『22』は当時大ヒット中だった『Let It Go』を抜き、iTunes総合アルバムチャートで1位を獲得。メジャーデビューのきっかけとなったテイラー・スウィフト「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない~ We Are Never Ever Getting Back Together」の”テイラー公認”日本語カバーを筆頭に注目を集める。

デビュー1年目よりレコチョク年間ランキングの新人部門で1位、第29回日本ゴールドディスク大賞の新人部門など各賞を受賞。2015年11月にはスマッシュヒット「LOVE」、「ふたりずっと」、「Kiss」を収録した待望の1stアルバム『FIRST KISS』がiTunes及びレコチョクで総合1位、オリコン週間ランキングTOP5に輝き、デビューより3作全てで1位を獲得した。SNSを中心に話題を集めYouTubeの総再生回数は日本人アーティスト最速で9,000万回を超え、YouTubeが展開する「好きなことで、生きていく」キャンペーンに出演。2016年9月21日には2ndアルバム「love letter」をリリースし、2作連続オリコンチャートTOP10入りを記録。同年10月からはそのアルバム「love letter」を引きさげ、異例の年に2回目の開催となる全国8都市を廻る「あなたにはじめて、手紙を書くよ。love letter Tour 2016」開催。

今年は第一弾シングル「恋するヒトミ」(MACO x ACUVUE(R)キャンペーンCMソング)をリリースし、5月28日(日)の福岡サンパレス公演を皮切りに、大阪、北海道、愛知、神奈川の5都市をまわり、ツアーファイナルはMACOの全国ツアー会場としては最大規模のパシフィコ横浜にて開催。6月にはJTB「知ることは、出会うこと。シンガポール篇」CMソング「恋の道」を配信限定リリース。8月には自身初となるフォト・エッセイ「タイムマシンができたなら。」(主婦と生活社・刊)をリリース。

昨年11月15日に待望の3rdアルバム『メトロノーム』をリリース、現在このアルバムをひっさげて廻る「MACO メトロノームツアー2018」の開催中。

MACO楽曲リスト

  • おすすめ
  • 最新曲
  • 人気曲

MACO関連アーティスト

MACO vs. MATZ

Myアーティストに追加

別名義・同一アーティスト

m-flo

Myアーティストに追加

『m-flo + MACO』として共演

マット・キャブ

Myアーティストに追加

『Matt Cab × MACO × Celeina Ann』として共演

セレイナ・アン

Myアーティストに追加

『Matt Cab × MACO × Celeina Ann』として共演

シェネル

Myアーティストに追加

『MACO』として共演

もっとみる

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

MACO

今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

ここから先は「タワーレコードオンライン」に移動します
MACO のCDを探す外部サイトへ

MACO ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号