TOP >  James Arthur

James Arthur

James Arthur

James Arthurのプロフィール

ワン・ダイレクション等を輩出した英オーディションTV番組「Xファクター」2012年度優勝者。母親の 2度の離婚など不安定な家庭環境の中で14歳でギターを手にして音楽活動をスタートさせるが、16 歳で母親に決別を言い渡される。住む場所を転々と変えながら荒んだ生活を送るも音楽から離れることはなく、オーディション等を繰り返し 2012 年ついに「X ファクター」で優勝、サイモン・コーウェルのレーベル Syco(サイコ)から同年リリースした(「X ファクター」優勝ナンバーで、ションテルのカヴァー曲でもある)デビュー・シングル「インポッシブル」は全英初登場 1 位、2013 年のデビュー・アルバムは初登場 2 位をマークした。しかしその後 SNS へ投稿した動画歌詞の一部が誤解を招き、彼なりに弁解を試みるものの社会批判騒動へ発展、アーティスト活動の一時休止を余儀なくされる事態となり、ついにはサイモン・コーウェルから Syco との契約打ち切りを告げられる。再び人生のどん底へ転落したジェイムスはまたも自滅的な生活に溺れかけるが、今まで自分を支えてくれた兄妹と音楽を支えに踏みとどまる。2015 年に独 Columbia と契約し 2nd アルバムをリリースすることを発表、実生活も更正し、リード・シングル「セイ・ユー・ウォント・レット・ゴー」を発表するやチャートイン 3 週目にして(当時 1 位だったザ・チェインスモーカーズを押さえ)全英 1 位を獲得という快挙を果たすと、サイモン・コーウェルもジェイムスを再び Syco ファミリーへ迎え入れることを表明した。
3週連続1位に輝いたシングル「セイ・ユー・ウォント・レット・ゴー」は英ソロ・アーティストとして今年一番のセールスを記録しイギリスのみでプラチナに認定、また、アルバム『バック・フロム・ジ・エッジ』はイギリスにおいては男性ソロ・アーティストとして今年4番目の初週セールスを記録し、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、スイス、ハンガリー、シンガポールなどのiTunesでも最高1位を記録している。

James Arthur楽曲リスト

  • おすすめ
  • 最新曲
  • 人気曲

James Arthur関連アーティスト

Artists for Grenfell

Myアーティストに追加

[ヴォーカル]

Roger Daltrey

Myアーティストに追加

共に『アーティスツ・フォー・グレンフェル』のメンバー

ロビー・ウィリアムス

Myアーティストに追加

共に『アーティスツ・フォー・グレンフェル』のメンバー

Matt Goss

Myアーティストに追加

共に『アーティスツ・フォー・グレンフェル』のメンバー

OMAR

Myアーティストに追加

共に『アーティスツ・フォー・グレンフェル』のメンバー

もっとみる

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

James Arthur

今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

ここから先は「タワーレコードオンライン」に移動します
James Arthur のCDを探す外部サイトへ

James Arthur ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号