TOP >  アンジェロ・バダラメンティ >  新曲・ディスコグラフィー一覧

楽曲リスト 72件

  • 1    2    3    次へ

    音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

    アンジェロ・バダラメンティ

    今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

    アーティスト情報

    アンジェロ・バダラメンティ
    アンジェロ・バダラメンティ

    プロフィール

    作曲家アンジェロ・バダラメンティは1937年3月22日、ニューヨークのブルックリンにイタリア系アメリカンとして生まれた。
    彼は名高いイーストマン・スクール・オブ・ミュージックに学び、1986年、彼の友人であったデヴィッド・リンチに映画「ブルー・ヴェルヴェット」にむけてイザべラ・ロッセリーニの歌唱コーチを依頼されたことから映画音楽の世界に足を踏み入れることとなった。 ロッセリーニをコーチする一方、結果としてスコアをも手掛けることとなったバダラメンティはジャズ・バーのシーンでピアノ・プレイヤーとして映画にも登場したが、今日に至るリンチとの仕事はここから始まったのであった。
    リンチの映画の歪んだ感覚に、暗くアイロ二ックな音を加えるバダラメンティとのコラボレーションの数々(ワイルド・アット・ハート、ツイン・ピークス・シリーズ並びに映画、ロスと・ハイウェイ)は多いに人気を集めた。
    他にバダラメンティがスコアを手掛けた作品には、「The City Of Lost Children」というフランスのシュール・レアリスム色濃い映画(Cesar Awardにノミネート)、「エルム街の悪夢3」、「The Comfort Of Strangers」、「Cousins」やTVショウの「Profiler」、「The Last Don」、「Fitz」等を含む。
    最近のバダラメンティの仕事としては、パラノイアを題材にしたスリラー 「Arlington Road」、またもやリンチによる監督作品「Straight Story」、レオナルド・ディカプリオ主演で話題となった「ザ・ビーチ」、そして最新作である「ロング・エンゲージメント」が挙げられる。 映画界から離れても、バダラメンティは称賛を集めるレコーディング・アーティストであり、(一例として)ジュリー・クルーズ、ジョセリン・ウェスト、ティム・ブース、そしてマリアンヌ・フェイスフルらとのコラボレーションで成功を収めてきた。

    Myアーティストに追加

    アンジェロ・バダラメンティ関連アーティスト

    もっとみる

    アンジェロ・バダラメンティの新曲・ディスコグラフィー一覧 ページTOPヘ

    音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

    レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号