TOP >  ヤッシャ・ハイフェッツ >  アルバム一覧

アルバムリスト 147件 ※アルバム収録曲は1曲から購入することも可能です
(アルバム限定曲は除く)

ヤッシャ・ハイフェッツのアルバム『Greatest Hits』をみる Greatest Hits

Greatest Hits

  • アルバム

1    2    3    次へ

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

ヤッシャ・ハイフェッツ

今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

アーティスト情報

ヤッシャ・ハイフェッツ
ヤッシャ・ハイフェッツ
ハイレゾ配信商品あり

プロフィール

ハイフェッツはロシアのヴィルナ(現ヴィリニュス、リトアニア共和国首都)に生まれ、父に与えられた4分の1サイズの楽器を手にしてヴァイオリンを父に習い始めた。9歳で、ペテルブルク音楽院の誇るレオポルド・アウアーのクラスに入り、3年後には、いまだかつてない神童との評価を得るに至った。ロシア革命勃発後、彼は家族と共に幾多の困難を乗り越えた末、アメリカへ渡った。1917年10月27日、ハイフェッツはカーネギー・ホールでアメリカ・デビューを果たした11月9日にはキャムデンのビクター・スタジオで初のレコーディングを行う。たちまちハイフェッツはアメリカの音楽的寵児となり、ニューヨークだけでも、最初の1年間に30回のステージをこなした。彼はそのまま合衆国に身を寄せ、1925年にはアメリカの市民権を獲得している。1934年、革命後17年ぶりにロシアに帰国、13回の演奏会を行う。1958-59年にはカリフォルニア大学で客員教授をつとめ、61年からは南カリフォルニア大学のヴァイオリン科教授に就任した。半世紀に及ぶコンサート活動の後、60歳代を迎えたハイフェッツは、徐々に演奏の回数を減らしてゆく。1970年パリでTV映画「ハイフェッツ・オン・TV」を収録、72年に開いたリサイタルが、公のステージとしては最後のものである。86歳、ロサンジェルスで死去。

Myアーティストに追加

ヤッシャ・ハイフェッツ関連アーティスト


                Walter Susskind

『Jascha Heifetz,Walter Susskind』として共演

Myアーティストに追加


                Pierre Amoyal

『Jascha Heifetz,Israel Baker,Milton Thomas,Gregor Piatigorsky,Pierre Amoyal,Paul Rosenthal,Allan Harshman,Laurence Lesser』として共演

Myアーティストに追加


                Gregor Piatigorsky

『Gregor Piatigorsky,Leonard Pennario&Jascha Heifetz』として共演

Myアーティストに追加


                London Philharmonic Orchestra

『Sir Thomas Beecham,London Philharmonic Orchestra&Jascha Heifetz』として共演

Myアーティストに追加


                Philharmonic Symphony Of London

『Sir Thomas Beecham,London Philharmonic Orchestra&Jascha Heifetz』として共演

Myアーティストに追加

もっとみる

ヤッシャ・ハイフェッツ アルバム一覧 ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号