TOP >  ジャン=マルク・ルイサダ >  アルバム一覧

ジャン=マルク・ルイサダ

ジャン=マルク・ルイサダ

プロフィール

ロマン派のレパートリーとフォーレ、ドビュッシー、ラヴェルなどの近代フランス音楽における優れた解釈者としての名声を確立しているジャン=マルク・ルイサダは、1958年チュニジアの生まれ。6歳からピアノを始め、10代半ばからユーディ・メニューイン音楽学校でマルセル・シャンピらに師事、音楽的な方向性を決定づけた。16歳よりパリ国立音楽院に入学、ドミニク・メルレに学ぶ一方、ニキタ・マガロフとパウル・バドゥラ=スコダにも師事。音楽院をピアノと室内楽において一等で卒業後、1981年からソリストとしての活動を開始。1983年のミラノ・スカラ座におけるディーノ・チアーニ国際コンクール第2位入賞、およびアレックス・ドゥ・ヴリー賞を受賞して一躍注目され、1985年、ワルシャワでのショパン国際コンクールで第5位入賞、あわせて国際批評家賞を獲得した。以来世界各地においてソロ、室内楽、協奏曲のジャンルで幅広い演奏活動を展開している。CD録音も数多い。1997年よりBMGクラシックスの専属となり、「ラインの歌~フォーレ&ビゼー:ピアノ作品集」(BVCC-786)「ショパン:ピアノ協奏曲第1番[室内楽版]&ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲」(BVCC-31001)「革命のエチュード~プレイズ・ショパン」(BVCC-31021)「ショパンとサンド~愛と哀しみの旋律」(BVCC-34033~34)「謝肉祭~プレイズ・シューマン」(BVCC-31042)がリリースされている。最新録音は、ローラン・コルシアとの当アルバムの他、クラリネット奏者でもあるポール・メイエの指揮、パドヴァ・エ・ヴェネト・オーケストラとによる「モーツァルト:ピアノ協奏曲集(第9番「ジュノーム」&第27番)」(BVCC-34044)、「ハイドン:ピアノ協奏曲、ソナタ&幻想曲」(BVCC-34045)がある。

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

ジャン=マルク・ルイサダ

今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

ジャン=マルク・ルイサダ関連アーティスト


                Frederic Chopin

『Jean-Marc Luisada, Fr?d?ric Chopin』として共演

Myアーティストに追加


                Jean-Marc Luisada,Jeanne Moreau

コラボレーション

Myアーティストに追加


                Jeanne Moreau

『Jean-Marc Luisada, Jeanne Moreau』として共演

Myアーティストに追加


                Nikita Magaloff

[影響を受けた]師

Myアーティストに追加


                Paul Badura-Skoda

[影響を受けた]師

Myアーティストに追加

もっとみる

ジャン=マルク・ルイサダ アルバム一覧 ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号