TOP >  5050 >  新曲・ディスコグラフィー一覧

楽曲リスト 17件

  • 音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

    5050

    今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

    アーティスト情報

    5050
    5050

    プロフィール

    2005年8月未明
    全てはここから始まった。

    渋谷に29時まで開いている居酒屋がある。
    その日、南米ベネズエラから帰ってきたばかりのテキーラ☆まさはるは“過度の緊張状態”や “あるべき論”に
    支配された「真面目すぎる日本人がクレイジーに見えるよ」とポツリ愚痴をこぼした。

    この言葉に隣に居合わせたBOOM BOOM春輔がピクリと反応したのである。
    気持ちよく酔いが回った二人は意気投合し、「“ツマンナイ”をぶっ飛ばせ!」をテーマに
    その場でバンド結成された。

    そこで2人は「ノリが良くてファンキーな奴ら!!」を唯一の条件にメンバーを探す事にした。

    せっかちなシュンスケはその場で椅子の上に立ち上がり、店中に響き渡る大きな声で、
    “見ず知らず”の人間に向かってこう叫んだのである

    「8時だYO~~~!!!」

    その瞬間、6人のバカが席を立ち上がり拳を天に高々と突き上げ答えた。

    「全員集合!!!」

    酒の力でその6人を捕まえ、たった3分30秒で2人バンドが一気に8人バンドに拡大。
    各パートは厳正なるアミダクジで決定された。

    眉間にしわ寄せ、ストレスの波を「癒しブーム」でなんとなく乗り切っている日本社会に対し
    「日本パーティー化計画」を宣言!!その活動を開始したのである。

    この、“限りなくうそ臭いエピソード”の元、奇跡的に出会った、8人の合い言葉、
    それは「この世は、全てがフィフティーフィフティー(50/50)」
    この言葉こそ、彼らの哲学

    “幸”が“不幸”の始まりであるように“不幸”も“ハッピーエンド”の幕開けに過ぎないかもしれない
    見方を変えるだけで、こんなにも楽しくなる毎日を踊って、騒ぐだけで、こんなにもほぐれる気持ちを
    フィフティー流のエンターテイメントで包み込む!!!

    Myアーティストに追加

    5050関連アーティスト

    もっとみる

    5050の新曲・ディスコグラフィー一覧 ページTOPヘ

    音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

    レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号