TOP >  イアン・ギラン >  新曲・ディスコグラフィー一覧

イアン・ギラン

イアン・ギラン

プロフィール

イアン・ギランは、1945年8月19日、英国ミドルセックス州生まれ。1970年代に現れた最も重要なハード・ロックのヴォーカリストのひとり。エピソード・シックスなど、10代の頃からさまざまなバンドで歌い始め、1969年にディープ・パープルへ加入。迫力のあるハイトーン・ヴォイスと熱狂的なシャウトで人気を集め、ディープ・パープル時代には『イン・ロック(Deep Purple in Rock)』(1970年)、『ファイアボール(Fireball)』(1971年)、『マシン・ヘッド(Machine Head)』(1972年), 『ライヴ・イン・ジャパン(Made in Japan)』(1972年)といった傑作アルバムを次々と発表。ディープ・パープルの黄金時代を支えたが、1973年に音楽的相違を理由にバンドを脱退。その後、1976年にソロとして再出発し、自身の“イアン・ギラン・バンド”を率いてフュージョン色の強いサウンドで再び注目を集めるが、1979年にグループ名を“ギラン”と短縮し、ハード・ロックへ回帰して劇的にカムバック。しかし、『ミスター・ユニヴァース(Mr. Universe)』 (1978年) 、『グローリー・ロード(Glory Road)』 (1979年)、『フューチャー・ショック(Future Shock)』 (1981年)などを残して、1982年に解散。翌1983年には一時的にブラック・サバスに加入して世界中の注目を集めるが、1984年には最盛期のメンバーによるディープ・パープルの再結成に参加。その後1989年にパープルを再び脱退したが、1992年に再加入。1993年以降はソロ活動と並行して現在もディープ・パープルのヴォーカリストとして活躍している。 2006年、世界で最もヒットしたゲーム・ソフト『ファイナル・ファンタジー』の生みの親である坂口博信が、ゲーム音楽の巨匠と謳われる植松伸夫とともに制作したXbox 360専用ソフト『ブルードラゴン(BLUE DRAGON)』(キャラクター・デザインは、鳥山明氏が担当)のバトル曲「エタニティー」のヴォーカルを担当。“植松伸夫with イアン・ギラン”名義によるバトル曲「エタニティー」のCDシングル(右ジャケ写)は、アニプレックスより11/22に先行発売。このバトル曲を含むゲームのサントラ盤『BLUE DRAGONオリジナル・サウンドトラック』は、アニプレックスより12/13に発売される。

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

イアン・ギラン

今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

イアン・ギラン関連アーティスト


                マレイ・ヘッド

『Murray Head,Victor Brox,Paul Davis,Ian Gillan,Brian Keith』として共演

Myアーティストに追加


                George Lynch

『Ian Gillan,Jani Lane (Warrant)&George Lynch』として共演

Myアーティストに追加


                Roger Taylor

『David Gilmour,Brian May,Ian Gillan,Tony Iommi,Bruce Dickinson,Paul Rodgers,Ritchie Blackmore,Chris Squire,Alex Lifeson,Keith Emerson,Roger Taylor,Geoff Beauchamp,Geoff Downes&Bryan Adams』として共演

Myアーティストに追加


                Steve Howe

『Ian Gillan,Rick Wakeman&Steve Howe』として共演

Myアーティストに追加


                Keith Emerson

『David Gilmour,Brian May,Ian Gillan,Tony Iommi,Bruce Dickinson,Paul Rodgers,Ritchie Blackmore,Chris Squire,Alex Lifeson&Keith Emerson』として共演

Myアーティストに追加

もっとみる

イアン・ギランの新曲・ディスコグラフィー一覧 ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号