TOP >  The View >  新曲・ディスコグラフィー一覧

The View

The View

プロフィール

スコットランドの工業都市ダンディ/ドライバラ地区出身。カイル、キーレン、ピーターとスティーヴ(当時18歳)の4人で結成。ザ・リバティーンズのウィット、そして不良っぽいユーモアに、ザ・バズコックスやオアシスのメロディックな要素をかけ合わせたような彼らの楽曲はどれも胸躍るミニアンセムであり、公団住宅の退屈な仕事をシンガロング調に歌っている「スーパースター・トレードマン」に至ってはもはや巨大なアンセムの域に十分達している。地元で2回目のライヴを終えた時点で既にローカル・インディ・レーベル、Two ThumbsからEPをリリースしたいとアプローチがあり、そんな彼らの初期デモをザ・ストロークスやリバティーンズを見出したことで知られる元ラフ・トレードのA&Rマン、ジェイムズ・エンダコットが発見、それがピート・ドハーティ(当事リバティーンズ/原ベイビー・シャンブルズ)の耳にとまり、オープニング・アクトに抜擢された。そして彼らは自分達を巡るレコード会社争奪戦ののち、ジェイムズ・エンダコットの新レーベル、1965レコードと契約。ジェイムズは彼らのデビュー・アルバムのプロデューサーとしてオアシスの名盤"(What's The Story) Morning Story" や、"Be Here Now"を手がけたことで知られるオーウェン・モリスを起用。デビュー作"Hats Off To The Buskers"は全英アルバムチャートで初登場1位、プラチナム・セールスを記録。本作からの大ヒット・シングル"Wasted Little DJ's"は、07' NME AWARDで"Best Track賞"を受賞。今作『フィッチ・ビッチ?』はあのオアシスやレッド・ツェッペリン、クイーン、ブラック・サバス、など数々の伝説的アーティストの作品が生み出された英ウェールズのモノウ・ヴァレー・スタジオにてレコーディングされ、プロデュースは前作と同じく、オーウェン・モリスが手がけている。全14曲からなる"フィッチ・ビッチ?"は、The Viewらしい青春!/胸キュンメロディー・チューンは健在ながら、ストリングスの導入やパウロ・ヌティーニのゲスト・ヴォーカルをフィーチャリングした楽曲等、バンドの成長を大きく感じさせ、野心に満ちた作品となっている。

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

The View

今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

The View関連アーティスト


                Jacques Thibaud

共に『ピアノ四重奏曲第2番ト短調』に関わった

Myアーティストに追加


                Pierre Fournier

共に『ピアノ四重奏曲第2番ト短調』に関わった

Myアーティストに追加


                Friendly Fires

同じ雰囲気

Myアーティストに追加


                ザ・クークス

同じ雰囲気

Myアーティストに追加

もっとみる

The Viewの新曲・ディスコグラフィー一覧 ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号