TOP >  フレドリカ・スタール >  新曲・ディスコグラフィー一覧

フレドリカ・スタール

フレドリカ・スタール

プロフィール

フレドリカ・スタールは1984年スウェーデンに生まれる。 幼少期のほとんどをフランスで過ごし、フランス語もマスター。小さい頃からバレエとピアノを習い始め、サイモン&ガーファンクルやジェームス・テイラー、シカゴなどを好んで聴いていた。12歳の時にスウェーデンに戻り、ジュエルやリサ・エクダール、トレイシー・チャップマン、ノラ・ジョーンズのようなミュージシャンを目指して、音楽がすべてのような生活を始める。学校を卒業後、フランスに戻り、パリで音楽活動を始める。そんな中、2年前の2004年のこと、彼女はフランスのジャズ界でその確かな才能が評価されているピアニストのトム・マククラングに出会う。彼は彼女のデモを聴いてジャズ・ヴォーカリストとしての、またシンガー・ソングライターとしての破格の素質を見抜き、彼女のレギュラー・ピアノストとして、更にはアレンジャーとして右腕的存在となる。そしてまもなくギターのジョゼ・パルメ、ベースのディエゴ・イムベルト、ドラムのカール・ジャンスカ、サックスのエルヴェ・メシネというドリーム・チームを結成し、名門Vogueレーベルにてアルバムを制作する運びになった。アルバム発売に先立つ2005年9月にはパリの名門ジャズ・クラブ「ニュー・モーニング」のステージに立ち、フレドリカ・スタールは一躍フランス・ジャズ界の熱い注目を浴びる存在となる。そして今年の3月リリースのこのデビュー・アルバムはフランスのみならずヨーロッパ全土で発売、各国で高い評価を得るに至り、彼女はこの夏、早くもヨーロッパ・ツアーを成功させた。彼女の音楽は熟成と新鮮さの両方を兼ねそなえており、彼女のスタイルはジャズでもポップ・オリエンテッドでもない独自のもの。すべての作詞作曲を自分自身で手掛けるという、この才能あるシンガー・ソングライターの楽曲からはブルース、そしてボサノバの影響も聴くことができる。ナチュラルな歌声の中にある、どこかアンニュイな質感も過去の偉大な女性ジャズ・ヴォーカリストを聴いているような気持ちにさせてくれる。仏Vogue発のスタイリッシュな新星フレドリカ・スタール、2006年10月には初来日が予定されている。

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

フレドリカ・スタール

今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

フレドリカ・スタール関連アーティスト


                Freddie Roach

同じジャンル

Myアーティストに追加


                Gerald Wilson

同じジャンル

Myアーティストに追加


                Spike Milligan

同じジャンル

Myアーティストに追加


                Carter Burwell

同じジャンル

Myアーティストに追加

もっとみる

フレドリカ・スタールの新曲・ディスコグラフィー一覧 ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号