TOP >  ポーラ・ディアンダ >  アルバム一覧

ポーラ・ディアンダ

ポーラ・ディアンダ

プロフィール

リズム・ラジオ・ヒットでビルボード・チャート入りを果たしたコーパス・クリスティ在住の16才、ポーラ・ディアンダ。 「私の「Doing Too Much」がエアプレイされてチャート入りしているのを知ったレーベル、AristaのシニアVP兼A&RのSteve Farreraに木曜日の朝に歌を聞かせてあげたら、その日の内にClive Davisにも聞かせてあげてくれと言われて、そのまま契約が決まり、金曜日には契約書にサインしていたの。」業界で最も名高いエグゼクティブと契約したことがようやく理解できた頃、ポーラは、「彼のことを何も知らなくてよかった…きっともっと緊張していたかも」と言っていた。 あのオーディションは正にポーラのターニングポイントだった。 スペイン語のAmor Como Tuと彼女がソングライターとして、そして力強いボーカルを持つシンガーとしての才能を発揮したR&Bポップ調の「Doing Too Much」 と「Good Girl」を披露した。 ミュージック・シーンとして急成長しているコーパス・クリスティのパーティで歌っている"大きな声の持ち主"から、"チャートメーカー"へと、彼女が瞬く間に有名になる過程の最近の出来事がこのAristaとの契約だった。 ポーラが今まで大きな影響を受けたアーティストにはSelenaやシャナイア・トゥエインそしてリアン・ライムズなどがあげられ、彼女達の曲をいつも家族の集まりの席で歌っていた。 それから数年、ポーラは地域のミュージシャンやプロデューサーとの仕事を続けた。 噂が広まると、現在のマネージャー、E.D.O. EntertainmentのEd Ocanasと知り合い、その結果スーパースターのNelly、Akon、元Kumbia Kings のメンバー、Frankie JやラップスターのBaby Bashが出演する有名なCorpus Christi Bayfest 2005のオープニングとして出演することとなった。 地元のインディペンデントレーベルからリリースされ、地元でエアプレイされるようになったがBaby Bashと共同で作曲した「Doing Too Much」(同じくトラックにフィーチャーされている)が彼女にとってはターニング・ポイントとなった。 「Doing Too Much」は2006年の初めから地元のラジオでかけられるようになり、ポーラがクライヴ・デイヴィスのオーディションを受ける頃にはその曲は騒がれ始め、Billboardのチャート入りをしていた。

アルバムリスト 1件 ※アルバム収録曲は1曲から購入することも可能です
(アルバム限定曲は除く)

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

ポーラ・ディアンダ

今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

ポーラ・ディアンダ関連アーティスト


                ショーン・キングストン

『ショーン・キングストン feat.ポーラ・ディアンダ』として共演

Myアーティストに追加


                Sean K

『ショーン・キングストン feat.ポーラ・ディアンダ』として共演

Myアーティストに追加


                シャナイア・トゥエイン

[影響を受けた]ポーラ・ディアンダはシャナイア・トゥエインにシンガーとしての影響を受けた

Myアーティストに追加


                Leann Rimes

[影響を受けた]音楽性の影響を受けた

Myアーティストに追加


                Selena

[影響を受けた]影響を受けた

Myアーティストに追加

もっとみる

ポーラ・ディアンダ アルバム一覧 ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号