TOP >  スリー・デイズ・グレイス

スリー・デイズ・グレイス

スリー・デイズ・グレイス

スリー・デイズ・グレイスのプロフィール

ニール・サンダーソン(dr)、ブラッド・ウォルスト(b)、アダム・ゴンティア(vo)、バリー・ストック(G)



カナダはオンタリオにある人口わずか1500人のノーウッド出身。1997年にアダム・ゴンティア(vo)、ブラッド・ウォルスト(b)、ニール・サンダーソン(dr)の3人で結成された。彼らは地道にライヴ活動を行い、小さなライヴ会場はもちろん映画館の少しの空き時間でも演奏をして、実力に磨きをかけていった。2003年にリリースしたデビュー・アルバム『スリー・デイズ・グレイス』が全米で100万枚のセールスを記録。ビルボードの新人チャートでも3週連続首位を獲得し、デビュー・アルバムからは3曲の大ヒット曲を輩出し、新人ながら大注目を浴びる。 その後2 年に渡りヘッドライン・ツアーを敢行。公演のほとんどをソールド・アウトにし、実力と人気と知名度を上げていった。


しかしデビューしていきなりブレイクを迎えた彼らは突然の環境の変化になじむことができず、特にフロントマンであるアダムは想像を超える孤独感と疎外感に襲われた。メンバーは彼らの原点であるオンタリオに戻り、次作の曲作りに専念、ギタリストとして新たにバリー・ストックが加わる。2006年6月に発売されたアルバム『ONE-X』は、全米アルバム・チャートで堂々の初登場5位を記録。ファースト・シングル「Animal I Have Become」はモダン・ロック・チャートで1位を記録、その後のシングルもチャートの常連となるほどヒットを飛ばし続けた。


世界中のファンをライヴで魅了している彼らだが、来日したのは2007年7月2日の東京一公演のみ。来日を待ち望んだファンで満員になった会場で、最初から最後まで大合唱と歓声は鳴り止まず、凄まじい熱気の中、エネルギッシュで迫力のあるパフォーマンスを展開。日本のファンとスリー・デイズ・グレイスが一体となった最高にエキサイティングな一夜となった。今となっては幻のライヴとなっている。


スリー・デイズ・グレイスはもはやモダン・ヘヴィ・ロック・シーンを代表する重要なポジションを担うバンドへと成長、人気を不動のものにした。世界中のヘヴィ・ロック・ファンが待ち焦がれる中、遂にスリー・デイズ・グレイスの第3章を完成させ、彼らがシーンに戻ってくる。

スリー・デイズ・グレイスアルバム一覧

  • スリー・デイズ・グレイス のアルバム『ヒューマン (Japan Version)』をみる ヒューマン (Japan Version)
  • スリー・デイズ・グレイス のアルバム『ライフ・スターツ・ナウ』をみる ライフ・スターツ・ナウ

スリー・デイズ・グレイス のアルバム一覧をもっとみる

スリー・デイズ・グレイス楽曲リスト

  • おすすめ
  • 最新曲
  • 人気曲

スリー・デイズ・グレイス関連アーティスト


              セイント・アソニア

Myアーティストに追加

どちらも『アダム・ゴンティア』が所属しているグループ


              Saliva

Myアーティストに追加

同じ雰囲気

もっとみる

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

スリー・デイズ・グレイス

今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

ここから先は「タワーレコードオンライン」に移動します
スリー・デイズ・グレイス のCDを探す外部サイトへ

スリー・デイズ・グレイス ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号