TOP >  マティスヤフ

マティスヤフ

マティスヤフ

マティスヤフのプロフィール

“ユダヤ教とレゲエを結びつけたことがすべての始まり。
ペンシルヴァニア州ウェスト・チェスター出身の26歳。現在はブルックリンを拠点とする。10代前半は両親の影響でフィッシュやグレイトフル・デッドなどサイケデリック系ロックに触れながら育つ。のちにボブ・マーリィやレゲエ、メッセージ性の強いヒップホップなどを聴き始め宗教心が芽生えた彼は、レゲエ・ミュージックの中にユダヤ教の考え方を見い出し、ユダヤ教徒になる。16歳の時にはイスラエルを訪問し、超リアルなユダヤ教の洗礼を受け、ハードコアなユダヤ教徒になる。現在でも安息日、すなわち金曜日の夜から土曜日の日没までは絶対にライヴを行わない、という正真正銘の敬虔派ユダヤ教徒である。2005年夏、プロデューサーにビル・ラズウェルなどを迎えてスタジオ・アルバムの制作に入ったマティスヤフは、同年夏から秋ころにかけてトレイ・アナスタシオと全米ツアーを行い、ツアー真最中である8/23にライヴ・アルバム"Live at Stubb's”をアメリカでリリース。このメジャー・デビューライヴ・アルバムが所属レーベルのEpicも予想だにしなかった好リアクションを得ることになる。アルバムはまず、米ビルボード・トップ・レゲエ・アルバム・チャートで2位を記録、ヨーロッパにも話題が飛び火し、パリ、ロンドン、アムステルダム、ベルリンでのショウが全てソールド・アウト。シングル"King Without A Crown”の全米ラジオのエアプレイも手伝って12月最終週にはビルボード・アルバム・チャートの100位以内に入り、その後32位まで上昇し、2006年2月中旬にはついにゴールド・ディスクに認定されている。そして、スタジオ・レコーディング・アルバム“Youth”のアメリカでの発売直前週、公式ウェブサイトでストリーミングが始まったシングル“Youth”のビデオが1週間で7万回ストリーミングされる。3/7、アメリカでリリースとなったアルバム“Youth”は、ビルボード・アルバム・チャート初登場4位を記録、レゲエ・チャートは1位で、アメリカのサウンドスキャン・システムが始まった91年以来もっとも売れたレゲエ・アルバムとなる。

マティスヤフアルバム一覧

  • マティスヤフ のアルバム『Spark Seeker (Commentary)』をみる Spark Seeker (Commentary)
  • マティスヤフ のアルバム『ユース 2.0』をみる ユース 2.0
  • マティスヤフ のアルバム『閃光のスペクトラル』をみる 閃光のスペクトラル
  • マティスヤフ のアルバム『ユース』をみる ユース

マティスヤフ のアルバム一覧をもっとみる

マティスヤフ楽曲リスト

  • おすすめ
  • 最新曲
  • 人気曲

マティスヤフ関連アーティスト


              nameless

Myアーティストに追加

『マティスヤフ feat.ネームレス』として共演


              The Crystal Method

Myアーティストに追加

共に『閃光のスペクトラル』に関わった


              B.o.B

Myアーティストに追加

『ザ・スミージントンズ』が関わっている他のアーティスト


              Made famous by Far East Movement

Myアーティストに追加

『ザ・スミージントンズ』が関わっている他のアーティスト


              リル・ウェイン

Myアーティストに追加

『ザ・スミージントンズ』が関わっている他のアーティスト

もっとみる

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

マティスヤフ

今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

ここから先は「タワーレコードオンライン」に移動します
マティスヤフ のCDを探す外部サイトへ

マティスヤフ ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号