TOP >  キャサリン・ジェンキンス >  新曲・ディスコグラフィー一覧

キャサリン・ジェンキンス

キャサリン・ジェンキンス

プロフィール

国際的なオペラのスーパースターであり、クラシカル・クロスオーバーのアーティストとして世界中で活躍。
2004年にイギリスでセンセーショナルなデビューを飾り、数々のチャリティー・コンサートや、メジャーな国際スポーツ・イヴェントでの活躍は言うまでもなく、イギリスのクラシック・チャートで1位を獲得したアルバムが5枚という実績(300万枚を超えるアルバム・セールス)を持っています。
ウェールズ出身のメゾソプラノ(女性中域の声)。2003年に名門英国王立音楽院を卒業後、モデルや教師といったキャリアを積んだ後、2004年のデビュー・アルバム「プルミエール」のリリース前に既にヨハネ・パウロ2世のために歌い、シドニー・オペラ・ハウスで公演を行いました。そのデビュー・アルバム「プルミエール」は、クラシック・チャートで初登場第1位を飾り、8週連続1位を記録。このアルバムの成功で、数々のチャート記録を破り、その後続いてリリースされた、「ディーヴァ」(原題"Second Nature")で彼女のUKにおけるクラシカル・クロスオーバーとしての存在が築き上げられました。
更にキャサリン・ジェンキンスのナチュラルな魅力と美貌は、彼女の地位を押し上げ、その音楽を広めるきかっけとなり、3作目のアルバム「夢を生きて」は、クラシカル・ブリット・アワーズのベスト・アルバム部門に入賞し、2年連続の入賞となりました。また、クラシック・チャートにおいて、トップ3のポジションを同時に確保する初のアーティストにもなったのです。
アルバム「セレナード」、「リジョイス~喜びの時」、「アヴェ・マリア~セイクリッド・アリアズ」は、全てイギリスのチャートでトップ5に入りました。

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

キャサリン・ジェンキンス

今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

キャサリン・ジェンキンス関連アーティスト


                プラハ交響楽団

『アンソニー・イングリス,キャサリン・ジェンキンス,プラハ・シンフォニア』として共演

Myアーティストに追加


                Rodolfus Choir

『キャサリン・ジェンキンス,Rodolfus Choir』として共演

Myアーティストに追加


                Aled Jones

『Bryn Terfel/Katherine Jenkins/Aled Jones』として共演

Myアーティストに追加


                Bryn Terfel

『Bryn Terfel/Katherine Jenkins/Aled Jones』として共演

Myアーティストに追加


                Philharmonia Orchestra

『キャサリン・ジェンキンス,キリ・テ・カナワ,フィルハーモニア管弦楽団,アンソニー・イングリス』として共演

Myアーティストに追加

もっとみる

キャサリン・ジェンキンスの新曲・ディスコグラフィー一覧 ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号