TOP >  Bowling For Soup >  新曲・ディスコグラフィー一覧

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

Bowling For Soup

今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

アーティスト情報

Bowling For Soup
Bowling For Soup

プロフィール

ジャレット・エリック(Vo&G)、クリストファー・マルムスティーン(G)、エリック・クリントン(B)、ゲイリー・ワイズアス(Dr)はテキサス州ウィチタ・フォールズにて1994年にバンドを結成。その後テキサス州デントンに移り住んだBFSは、コンサートの観客を動員し続け、そのキャッチーでポップなフック、類稀なパフォーマンス、さらにはビジュアル面も含めたその強力なキャラクターで徐々に人気を博していく。そこで自主制作のアルバムを2枚発表した後、97年にデントンをベースにしたインディーズ・レーベル、FEROE Recordsからリリースした3rdアルバム『Rock On Honorable Ones!!』がヒット。続いて4作目の『Tell Me When To Whoa!』に収録された「ザ・ビッチ・ソング」が地元のラジオを席巻したことも引き金となり、2000年には遂にJive Recordsとの契約を手にする。2000年の「Lets’s Do It For Johnny」と2002年の「Drunk Enough to Dance」が大ヒットを記録し、「ザ・ビッチ・ソング」や「Punk Rock 101」、「Girl All The Bad Guys Want」といったヒット・シングルを生み出している。また、Warped Tourへの参加、Blink182やSUM41とのツアーでさらに人気を高め、MTVでも話題となり、遂には2003年、グラミー賞にもノミネート。レディングやリーズ・フェスにも出演してUKでもその人気を高め、行く先々でBFS旋風を巻き起こした。2004年5月には初来日を実現し、その鍛え上げぬかれたライブ・パフォーマンスで日本のロック・キッズの度肝を抜いた。そして同年10月にニュー・アルバム『ア・ハングオーヴァー・ユー・ドント・ディザーヴ』をリリース。

Myアーティストに追加

Bowling For Soup関連アーティスト

もっとみる

Bowling For Soupの新曲・ディスコグラフィー一覧 ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号