TOP >  ジャック・ジョンソン >  新曲・ディスコグラフィー一覧

ジャック・ジョンソン

ジャック・ジョンソン

プロフィール

1975年5月18日、ハワイ・オアフ島のノースショアに生まれた。幼い頃からサーフィンに慣れ親しみ、高校生になる頃には世界最高峰のサーフィン大会である“パイプライン・マスターズ”にも出場。注目サーファーと評価され、プロ契約も結んだ。しかし17歳の時、サーフしている最中に頭部を100針以上縫う大怪我をしてしまう。これを機に、以前から趣味としていたギターにのめり込むようになったという。大学卒業したのち、ジャックはベン・ハーパーの右腕として知られるJPプルニエとサーフィン仲間となり、手渡したデモテープが彼の心を掴んだ。そして遂に、ハーパーが新たに設立するインディ・レーベル=エンジョイ・レコーズの第1弾アーティストとして、レコード契約を結ぶこととなる。デビュー・アルバム『ブラッシュファイアー・フェアリーテイルズ』は、2001年の2月にリリースされた。徐々に徐々に口コミで広まっていき、時間を掛けながらインディーズで20万枚以上をセールス。そして2002年になって改めてユニバーサルからのメジャー流通に乗ると、遂にはミリオンセラーを記録する。その頃、ジャックは映像製作のために立ち上げた“The Moonshine Conspiracy”の音楽部門として、“ブラッシュファイアー・レコーズ(BFR)”を設立。2003年に同レーベルからの作品としてリリースされた2ndアルバム『オン・アンド・オン』は、全米ビルボード初登場3位という予想以上の好スタートを切る。そして、ここ日本でもアルバム『オン・アンド・オン』発表後、ゆっくりとゆっくりと伝わっていったヴァイヴは、来日公演、そして自らのプロデュースによるドノヴァン・フランケンレイターの大ヒット等を経て、“フジ・ロック・フェスティバル”でのステージが大絶賛を浴びる頃には、もはや誰にも止められないほどに大きなものとなる。勢いは衰えることなく、2005年2月16日にリリースされた3枚目のオリジナル・アルバム『イン・ビトゥーン・ドリームズ』は、全米チャート最高位2位を獲得した (オリコン総合アルバムランキング初登場13位)。2006年には、映画『キュリアス・ジョージのサウンドトラック発表、こちらも全米チャート1位を獲得した。

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

ジャック・ジョンソン

今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

ジャック・ジョンソン関連アーティスト


                Ben Harper

『Jack Johnson, Ben Harper』として共演

Myアーティストに追加


                マット・コスタ

『Jack Johnson and Friends, Matt Costa』として共演

Myアーティストに追加


                Zach Gill

『Jack Johnson, Zach Gill』として共演

Myアーティストに追加


                Gラヴ

『Jack Johnson, G. Love』として共演

Myアーティストに追加


                エディ・ヴェダー

『Jack Johnson, Eddie Vedder』として共演

Myアーティストに追加

もっとみる

ジャック・ジョンソンの新曲・ディスコグラフィー一覧 ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号