TOP >  アイアン・メイデン >  新曲・ディスコグラフィー一覧

アイアン・メイデン

アイアン・メイデン

プロフィール

■ Adrian Smith(Guitars) エイドリアン・スミス

■ Steve Harris(Bass) スティーヴ・ハリス

■ Bruce Dickinson(Vocals) ブルース・ディッキンソン

■ Janick Gers(Guitars) ヤニック・ガース

■ Dave Murray(Guitars) デイヴ・マーレイ

■ Nicko McBrain(Drums) ニコ・マクブレイン

へヴィ・メタル界に25年以上君臨する英国の良心、アイアン・メイデン。
ベーシストでバンドの頭脳であるスティーヴ・ハリス(b)を中心に、N.WO.B.H.M.(ニュー・ウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・へヴィ・メタル)勃興期から幾多のメンバー・チェンジを経て、今尚最強の布陣で活動中。

1982年の3rd『ザ・ナンバー・オブ・ザ・ビースト』でブルース・ディッキンソン(vo)を迎えパワーアップ。

95年の10th『Xファクター』でブレイズ・ベイリー(vo)に交代するも、00年の12th『ブレイヴ・ニュー・ワールド』でブルース復帰、エイドリアン・スミス(g)、デイヴ・マーレイ(g)、ヤニック・ガース(g)、ニコ・マクブレイン(ds)の6人編成で活動中。

03年13th『死の舞踏』、05年ライヴ・アルバム/06年ライヴDVD『デス・オン・ザ・ロード』を発表。

06年14th『ア・マター・オブ・ライフ・アンド・デス~戦記』リリース後の来日公演では、アルバム全曲を再現し、完璧な演奏を見せ付けた。

08年2枚組ライヴDVD『死霊復活』をリリース直後、“サムホエア・バック・イン・タイム・ワールド・ツアー08”の一環で早くも来日、初期作品からの選曲でファンを大いに熱狂させた。

そしてアルバム・デビュー30周年記念を迎える2010年、通算15枚目、約4年ぶりのニュー・アルバム『ファイナル・フロンティア』発売。

その力強い歩みは留まるところを知らない。

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

アイアン・メイデン

今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

アイアン・メイデン関連アーティスト


                Bruce Dickinson

[ヴォーカル]

Myアーティストに追加


                Steve Harris

[ベース] [コーラス] [キーボード]

Myアーティストに追加


                Samson

どちらも『ブルース・ディッキンソン』が所属しているグループ

Myアーティストに追加


                Swirl

どちらも『スティーヴ・ハリス』が所属しているグループ

Myアーティストに追加


                Gillan

どちらも『ヤニック・ガーズ』が所属しているグループ

Myアーティストに追加

もっとみる

アイアン・メイデンの新曲・ディスコグラフィー一覧 ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号