TOP >  グランド・ファンク・レイルロード >  アルバム一覧

アルバムリスト 15件 ※アルバム収録曲は1曲から購入することも可能です
(アルバム限定曲は除く)

グランド・ファンク・レイルロードのアルバム『Born To Die』をみる Born To Die

Born To Die

  • アルバム

グランド・ファンク・レイルロードのアルバム『Live: The 1971 Tour』をみる Live: The 1971 Tour

Live: The 1971 Tour

  • アルバム

グランド・ファンク・レイルロードのアルバム『Live Album』をみる Live Album

Live Album

  • アルバム

グランド・ファンク・レイルロードのアルバム『Caught In The Act』をみる Caught In The Act

Caught In The Act

  • アルバム

グランド・ファンク・レイルロードのアルバム『On Time』をみる On Time

On Time

  • アルバム

グランド・ファンク・レイルロードのアルバム『E Pluribus Funk』をみる E Pluribus Funk

E Pluribus Funk

  • アルバム

グランド・ファンク・レイルロードのアルバム『Survival』をみる Survival

Survival

  • アルバム

グランド・ファンク・レイルロードのアルバム『Phoenix』をみる Phoenix

Phoenix

  • アルバム

グランド・ファンク・レイルロードのアルバム『Bosnia』をみる Bosnia

Bosnia

  • アルバム

グランド・ファンク・レイルロードのアルバム『Closer To Home』をみる Closer To Home

Closer To Home

  • アルバム

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

アーティスト情報

グランド・ファンク・レイルロード
グランド・ファンク・レイルロード
ハイレゾ配信商品あり

プロフィール

クリーム、レッド・ツェッペリン、ディープ・パープル、ジェフ・ベック・グループなど英国ヘヴィ・ロックに対する米国からの回答として、彗星の如く1969年に登場したグランド・ファンク・レイルロード。


マーク・ファーナーのかん高い声、バカデカいサウンドとひたすらパワーで捻じ伏せるような演奏で一気にブレイクを果たし、デビューから1年でレコードの売り上げが天文学的な枚数を記録するという快挙を成し遂げた。シェア・スタジオ級の野外ホールを常に満杯にし、1970年のライブ・アルバム発売後71年夏に来日し後楽園球場での激しい雷雨のなか行われたライヴ公演は"嵐の後楽園"として日本のロック史の伝説として語り継がれている。


全米No.1ヒット「アメリカン・バンド」「ロコ・モーション」はもとより 当時のアマチュア・ロック・バンドはこぞって「ハートブレイカー」「孤独の叫び」等をカヴァーしていた。

Myアーティストに追加

グランド・ファンク・レイルロード関連アーティスト


                Grand Funk

別名義・同一アーティスト

Myアーティストに追加


                Bob Seger & The Silver Bullet Band

どちらも『ティム・カーション』が所属しているグループ

Myアーティストに追加


                Flint

どちらも『クレイグ・フロスト』が所属しているグループ

Myアーティストに追加


                Terry Knight & The Pack

どちらも『ドン・ブリュワー』が所属しているグループ

Myアーティストに追加


                38 Special

どちらも『マックス・カール』が所属しているグループ

Myアーティストに追加

もっとみる

グランド・ファンク・レイルロード アルバム一覧 ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号