TOP >  アヴリル・ラヴィーン >  新曲・ディスコグラフィー一覧

アヴリル・ラヴィーン

アヴリル・ラヴィーン

プロフィール

1984年9月27日、カナダのオンタリオ州にある人口5000人という小さな村、ナパニーに生まれる。すごく小さいころからベッドの上で自分がステージで何千人の前で歌ってるのを想像して目いっぱい歌ってたわ」という通り、強い決意と自信を持ちつづけた彼女は教会でゴスペルを歌ったり、カントリーを歌ったり、タレント・ショーに出たりと歌うチャンスのあるところでパフォーマンスを続けた。やがてより自分のスキルを磨くためにNYへと旅立った彼女にまたとないチャンスが訪れる。彼女に注目したアリスタ・レコードのスタッフが社長であるアントニオ・LA・リードにアヴリルを紹介。LA・リードの前でパフォーマンスをした彼女をLAは一発で気に入り、即アリスタと契約となった。彼女が16歳の時だった。 その後完成したデビュー・アルバム『レット・ゴー』からのファースト・シングル「コンプリケイテッド」はリリースされるやいなや世界中で大ヒット。アルバムも世界各国で瞬く間にプラチナを獲得する。さらにこのアルバムからは彼女の代表曲ともなった「スケーター・ボーイ」や「アイム・ウィズ・ユー」「ルージング・グリップ」と1年以上にわたり次々とヒットがうまれていった。アルバムのリリース以来アヴリルは北米はもちろん、ヨーロッパ、日本、アジアと世界中を休みなくツアー、その結果アルバムは全世界で2000万枚ものセールスを記録した。 2004年5月にはセカンド・アルバム『アンダー・マイ・スキン』をリリース。リリースにあわせてプロモーション来日もはたし、シークレット・ライヴなども行った。アルバムからは「ドント・テル・ミー」をはじめ「マイ・ハッピー・エンディング」「ノーバディーズ・ホーム」といったシングルがヒット、アルバムは全米アルバム・チャート初登場1位となり、日本でもオリコン総合チャートで初登場1位、2週連続1位という記録を打ちたてデビュー・アルバムに続いてミリオン・セラーとなった。 2004年8月、サマーソニック04に出演しオーディエンスにその存在感を知らしめ、さらに2005年3月にはのべ10万人以上を動員した日本ツアー、ボーンズ・ツアー2005で札幌、東京、横浜、浜松、名古屋、大阪、広島、福岡と日本を縦断する大規模ツアーを実施。

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

アヴリル・ラヴィーン

今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

アヴリル・ラヴィーン関連アーティスト


                チャド・クルーガー

『アヴリル・ラヴィーン/レット・ミー・ゴー feat.チャド・クルーガー』として共演

Myアーティストに追加


                YUI for 雨音 薫

[影響を与えた]ファン

Myアーティストに追加


                YUI

[影響を与えた]ファン

Myアーティストに追加


                Carly Rae Jepsen

共に『Now That's What I Call Soundcheck』に関わった

Myアーティストに追加


                カーリー・レイ・ジェプセン

共に『Now That's What I Call Soundcheck』に関わった

Myアーティストに追加

もっとみる

アヴリル・ラヴィーンの新曲・ディスコグラフィー一覧 ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

エルマーク