TOP >  TOKU >  新曲・ディスコグラフィー一覧

TOKU

TOKU

プロフィール

1973年2月20日生まれ、新潟県出身。
日本唯一のヴォーカリスト&フリューゲルホーンプレーヤー。
父親の影響でノンジャンルで音楽に親しみ、中学時代にブラスバンドで初めての楽器コルネットを手にする。
高校・大学はロック、ポップスのコピーバンドをしていたが、たまたま、大学の学園祭でマイルス・デイビスの“IF I WERE A BELL”を吹いているのをジャズドラマーが聴いていてライブハウスでのセッションに誘われる。
何度かのセッションでジャズに深く興味を覚える。
大学2年の時にオレゴン州に語学留学。
その時のルームメイトがジャズピアニストだったことで一緒にバンド活動を開始。
大学卒業後、ライブハウスで唄っているところをアメリカのラジオ・パーソナリティーがスカウト。
2000年1月アルバム“Everythig She Said”でSMEよりデビュー。
デビュー当初から注目を集め、その年の8月には早くもブルーノート東京に出演。
更にアルバムはアジア各国でもリリースされ11月には韓国ソウル大学の建国大学内ニューミレニアムホールにて海外での初ライブを行った。
デビュー以来、海外公演を積極的に行い、2007年度は北京、上海、パリ、ベルギーでのライブを敢行。
2007年度 「Jazzy Shanghai Festival」 「Paris Jazz Festival」、
2008年度 「Hong Kong International Jazz Festival」、
2009年度 「Jakarta International JAVA JAZZ Festival」出演。
ジャズの枠を越えた幅広い音楽性からm-flo、平井 堅、Skoop On Somebody、今井美樹、Paris match、
クランボン、椎名純平、大黒摩季etc.のシングル、アルバムに作家・プレーヤーとして参加。
J-POP界にJazz Feelを注入する一翼を担う。
また、2004年~2007年Four Roses(キリンビール)の媒体キャラクターに選ばれ、雑誌・交通媒体で展開。

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

TOKU

今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

TOKU関連アーティスト


                クリス・ボッティ

『Chris Botti With TOKU』として共演

Myアーティストに追加


                植村花菜

『植村花菜(紙ヒコーキ with TOKU』として共演

Myアーティストに追加


                佐藤竹善

『佐藤竹善 featuring TOKU』として共演

Myアーティストに追加


                TKY

[ヴォーカル] [フリューゲルホーン]

Myアーティストに追加


                Chris Botti With TOKU

コラボレーション

Myアーティストに追加

もっとみる

TOKUの新曲・ディスコグラフィー一覧 ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

エルマーク