TOP >  ブルース・スプリングスティーン >  デビルズ・アンド・ダスト

 
デビルズ・アンド・ダスト

デビルズ・アンド・ダスト

ブルース・スプリングスティーン

アルバム解説

彼のような影響力のある有名人が、たとえ動機は正しかったとは言え、大統領選挙で特定の候補を支持することには疑問を感じずにはいられなかった。しかし、ただ物語のみを語る彼ならば、時に冷徹で、時に詩情豊かなストーリーテリングの素晴らしさゆえに信じることができる。現代のアメリカを生きるさまざまな人々が困難な状態を抜け出そうと己の内なる悪魔と戦う姿を描いた全12曲。曲によっては含蓄が深すぎるきらいはあるものの、その普遍性の中にどんなメッセージを読み取るかは聴き手しだい。声高な主張は却って多くの人には届かない。語り部はただ物語を語ればいいし、我々は物語だけに耳を傾ければいい。音数を押さえたアコースティック・サウンドは前作の踏襲。ただ、曲によっては物語の舞台を演出するためにフォーク/カントリー、あるいはエキゾチックな味つけが加えられている。曲の主人公になりきろうと、曲ごとに絶妙に歌声を変化させるヴォーカルも聴きどころと言えそうだ。(CDジャーナル)

収録シングル情報

 

ここから先は「タワーレコードオンライン」に移動します
ブルース・スプリングスティーン「デビルズ・アンド・ダスト」 のCDを探す外部サイトへ

特集

  • HAPPY★CHRISTMAS
  • ベストセレクション~冬~
  • ヒットソング プライスOFF
  • 演歌/歌謡曲名作アルバム プライスOFF
  • FIRE STARTER
  • ロングヒットTOP100

もっとみる

アーティスト情報

プロフィール

1949年9月23日、米国ニュージャージー州生まれ。シンガー・ソングライター。米国を代表するロック・アーティストのひとり。1973年、アルバム『アズベリー・パークからの挨拶』でデビュー。1975年の3rd『明日なき暴走』が大ヒットを記録すると、1980年の通算5作目『ザ・リバー』で初の全米1位を獲得。以後も『ボーン・イン・ザ・U.S.A.』『ヒューマン・タッチ』『ザ・ライジング』『ワーキング・オン・ア・ドリーム』など話題作を発表。労働者階級の苦悩や喜びをリアルに描くスタイルが特徴的で、全米のオピニオン・リーダーとしての地位を確立した。愛称はボス。

アルバム一覧

    読み込み中です

もっとみる

レコメンド

  • ブルース・スプリングスティーン「プロミスト・ランド」 プロミスト・ランド
  • Jackson Browne「The Pretender」 The Pretender
  • ブルース・スプリングスティーン「レーシング・イン・ザ・ストリート」 レーシング・イン・ザ・ストリート
  • ブルース・スプリングスティーン「独立の日」 独立の日
  • ブルース・スプリングスティーン「ビコーズ・ザ・ナイト」 ビコーズ・ザ・ナイト
  • ブルース・スプリングスティーン「ノー・サレンダー」 ノー・サレンダー

もっとみる

デビルズ・アンド・ダスト ページTOPヘ

レコチョク Best

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

エルマーク