TOP >  手嶌 葵 >  青い図書室

手嶌 葵 のアルバム『青い図書室』音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中

青い図書室

手嶌 葵

「青い図書室」手嶌 葵のアルバム解説
まっすぐな歌いぶり一本槍だった時代を経て、歌い手としての幅を、歌唱と作品、両面にわたって身につけつつあるよう。加藤登紀子が冒頭と幕切れ、2曲を提供。"大人の女性"志向をうかがわせる。本人が作詞した「海を見つめる日」には、80年代、フランス録音していた頃の大貫妙子を思わせるところも。(CDジャーナル)

ハイレゾアルバム Flac 96.0 kHz 24bit (9曲 / 39:41)

¥ 3240
購入手続きへ
手嶌 葵の「想秋ノート」を試聴する

1.

flac 96.0kHz 24bit
03:38

¥540

手嶌 葵の「白薔薇のララバイ」を試聴する

2.

flac 96.0kHz 24bit
04:51

¥540

手嶌 葵の「ナルキスと人魚」を試聴する

3.

flac 96.0kHz 24bit
05:17

¥540

手嶌 葵の「海を見つめる日」を試聴する

4.

flac 96.0kHz 24bit
05:15

¥540

手嶌 葵の「蒼と白~水辺、君への愛の詩~」を試聴する

5.

flac 96.0kHz 24bit
03:47

¥540

手嶌 葵の「ワインとアンティパスト」を試聴する

6.

flac 96.0kHz 24bit
03:22

¥540

手嶌 葵の「ミス・ライムの推理」を試聴する

7.

flac 96.0kHz 24bit
04:47

¥540

手嶌 葵の「Handsome Blue」を試聴する

8.

flac 96.0kHz 24bit
03:40

¥540

手嶌 葵の「白い街と青いコート」を試聴する

9.

flac 96.0kHz 24bit
05:01

¥540

¥ 3240
購入手続きへ
※表示価格は税込みです
※この商品はCDではありません。デジタルコンテンツです

アーティスト情報

手嶌 葵

1987年6月21日福岡県生まれ。
2003年と2004年に、出身地である福岡で行われた、TEENS' MUSIC FESTIVAL 協賛 "DIVA"に出場、その歌声が聴衆を魅了、翌年には韓国で行われたイベント「日韓スローミュージックの世界」にも出演、好評を博す。その頃、彼女が歌った「The Rose」(Bette Midler) を収録したデモCD が、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーと、映画「ゲド戦記」(2006年)の監督・宮崎吾朗氏の耳に届いたのをきっかけに、同作の挿入歌「テルーの唄」、および主題歌「時の歌」の歌唱に抜擢され、デビュー。
2008年に発売された3rd アルバム『The Rose~I Love Cinemas~』は、幼少期から好んで鑑賞していた名作洋画の主題歌/劇中歌を全編英語でカヴァーした作品で、発売後4 年を過ぎた今なおセールスを伸ばすロングセラーを記録。
2009年にはシリーズ第2 弾『La Vie En Rose~I Love Cinemas~』をリリース。
2011年夏公開のジブリ作品「コクリコ坂から」で、再び宮崎吾朗監督作品の主題歌を担当したのは記憶に新しいところ(「さよならの夏 ~コクリコ坂から~」)。
コンサート活動も精力的に展開、また多くのTV 番組やCMの歌唱を担当するなど、活躍の場を広げている。

一緒に購入されている楽曲

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

手嶌 葵

今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

ここから先は「タワーレコードオンライン」に移動します
手嶌 葵「青い図書室」 のCDを探す外部サイトへ

青い図書室 ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号